このブログについて (目次、登場キャラ紹介)

未分類
03 /01 2030
正邪(微笑)
 このブログは私こと鬼人正邪と……

針妙丸(笑い)
 はーい!少名針妙丸でーす!

正邪(弱る)
 ……の2人でオンライン麻雀天鳳のプレイを振り返るブログだ。
 基本的にゆるゆるやってるが、麻雀は真剣にやってるぞ。

針妙丸(微笑)
 ↓に記事をまとめてあるから、見たい記事だけ見れればいいって人は活用してね!

正邪(微笑)
 カッコ内は記事の大まかなジャンル。その右のは登場キャラクターだ。なんか知らんが結構ゲストがやってくるから、そっちに注目してもらってもいいかもな。





★正邪の下剋上天鳳録★ 

第1回 せいしん牌譜検討!(牌譜検討) 正邪 針妙丸

第2回 手段は目的のために(手作り) 正邪 針妙丸

第3回 応援隊長、参ります!(点数状況判断) 正邪 針妙丸 さとり

第4回 危険牌?安全牌?(鳴き読み) 正邪 針妙丸 さとり

第5回 配牌ガチャ、もう一度引く?(速度読み) 正邪 針妙丸 さとり

第6回 染めにいってみよう(手作り) 正邪 針妙丸 霊夢 魔理沙

小ネタ回 サドンデスの特殊ルール(天鳳限定戦術) 正邪 針妙丸

第7回 天才と凡人(鳴き読み) 正邪 針妙丸 霊夢 魔理沙

第8回 強くなるために(エッセイ) 正邪 針妙丸

第9回 比較をするということ(牌譜検討) 正邪 針妙丸

第10回 プロ対局で学ぼう!(点数状況判断) 正邪 針妙丸

第11回 5200条件は2翻役を添えて(オーラスの手作り) 正邪 針妙丸 ???

第12回 万物流転の麻雀世界(押し引き) 正邪 針妙丸 ぬえ

第13回 安定した形テン手順(形テン) 正邪 針妙丸

第14回 よく鳴く打ち手とは?(エッセイ) 正邪 針妙丸

第15回 海底牌を追いかけて(形テン) 正邪 針妙丸

第16回 わいわい何切る談義(何切る) 正邪 針妙丸 魔理沙 文

第17回 Q&A(副露判断) 正邪 針妙丸

第18回 ラスのリスクがあろうとも(点数状況判断) 正邪 針妙丸

第19回 諸刃の剣、長考読み(鳴き読み) 正邪 針妙丸 さとり

第20回 進捗報告&安定段位の話(エッセイ) 正邪 針妙丸

第21回 和了りたいけど急がば回る?(手作り) 正邪 針妙丸 文

第22回 それ、タンヤオですか?(鳴き読み) 正邪 針妙丸

第23回 1対1だからこそ(押し引き) 正邪 針妙丸

第24回 大名様の動向確認(点数状況判断) 正邪 針妙丸

第25回 一局牌譜検討(牌譜検討) 正邪 針妙丸 ぬえ

第26回 ノーリスクハイリターン(点数状況判断) 正邪 針妙丸

第27回 無筋オンリー、でも降りたい!(降り技術) 正邪 針妙丸

第28回 世は乱戦、勝者は1人(押し引き) 正邪 針妙丸 妖夢

第29回 九段昇段戦!(牌譜検討) 正邪 針妙丸

第30回 強運とは(エッセイ) 正邪 針妙丸

第31回 シンプルな押し引き(押し引き) 正邪 針妙丸

第32回 傾向と対策(鳴き判断) 正邪 針妙丸



★ Mリーグ編

Mリーグ開幕!

★せいしんが騒ぐMリーグプチ観戦記★

10/1

10/2

10/5




★登場キャラクター★

正邪(微笑)
 鬼人正邪。本ブログのメインキャラクター。
 天鳳位になることで麻雀界での下剋上を果たそうとする天邪鬼。
 主に理詰めで麻雀を攻略し、勝つことのみを目標とする。

針妙丸(微笑)
 少名針妙丸。本ブログのメインキャラクター2。
 正邪の傍で麻雀を観戦している。突っ込み兼驚き役。
 麻雀の腕はまだまだだが、天鳳特上卓程度の基礎的な知識は持っている。とても扱いやすい。
 好きな役はホンイツ。
 
さとり(微笑)
 古明地さとり。
 リアル麻雀で誰も同卓してくれないので、ネット麻雀をすることにしたさとり妖怪。
 相手の立場に立って考える事で、局面を有利に進める戦法が得意。

霊夢(微笑)
 博麗霊夢。
 東方の主人公。本ブログではサブキャラ。
 生まれ持った感覚の鋭さを麻雀にも活かす所謂天才型。
 彼女の見る世界は、我々の見る世界とは違うのかもしれない……

魔理沙(微笑)
 霧雨魔理沙。
 勝気な性格で、一撃で勝負を決めることをよしとする。
 弾幕がパワーなら麻雀もパワー。掛け値なしの高打点系雀士。

ぬえ(微笑)
 封獣ぬえ。
 正体不明を操るイタズラ好きの妖怪。
 古いタイプの妖怪で、麻雀の考え方もどこか前時代的。
 正邪のライバルを名乗っているが、正邪からはまだまだだと思われている。
 正邪とコンビを組ませると非常に書きやすい。

文(笑い)
 射命丸文。
 正邪が麻雀界で下剋上を目指していることを世に知らしめた張本人。
 幻想郷の最速天狗であり、麻雀のスタイルも極端にスピードに寄っている。速さは正義。
 各方面に顔が利く事を利用し、取材と引き換えに正邪の挑戦をサポートしている。

妖夢(微笑)
 魂魄妖夢。
 剣士として鍛え上げられた勝負勘を元に麻雀の舞台でも切れ味鋭い打牌を見せる。
 理論よりも感覚を重視する実戦型雀士。 

クリックで応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

正邪の下剋上天鳳録32(正邪、針妙丸) 「傾向と対策」

麻雀
10 /17 2018
正邪(微笑)
 よーし、今日もやってくぞ。

針妙丸(微笑)
 正邪。今日は久しぶりに天鳳録なんだって?

正邪(余裕)
 ああ。たまには天鳳もやらないとな。とはいえ、Mリーグの話も少ししようと思う。

針妙丸(笑い)
 で、今日のテーマは何?

正邪(微笑)
 今日は……傾向と対策だ。

針妙丸(困り)
 正邪、受験でもするの……?

正邪(弱る)
 んなわけないだろ。麻雀の話だよ。それじゃあ、姫に一つ問題だ。



【問題】Mリーグは天鳳と同じく五萬赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国を入れた東南戦ですが、天鳳と違う点は何でしょう。





針妙丸(微笑)
 ルールかな?

正邪(弱る)
 おおざっぱだなぁ。もっと具体的に。

針妙丸(微笑)
 天鳳はラス回避だけど、Mリーグのルールはトップが大事!

正邪(べろ)
 まぁ及第点かな。Mリーグは3万点を基準に、トップから+50、+10、-10、-30の順位点が付く。トップを取れば3着とラスを引いても大体チャラになる。

針妙丸(微笑)
 天鳳は違うよね。ラスを引くとトップと2着を1回ずつ取ってようやくチャラ。(七段配分の場合)

正邪(微笑)
 どっちも基本ゼロサムゲームではあるけど、評価方法が大きく異なる。では、それを踏まえて次の問題。




【問題】Mリーグルールと天鳳ルール、打ち手の傾向で異なる点は何でしょう。



針妙丸(怒り)
 う~~~ん?どういうこと?

正邪(微笑)
 わかりやすくいえば、トップ取り麻雀とラス回避麻雀だと、打ち方はどのように変わってくるだろうかってことだな。

針妙丸(困り)
 何か違うかなぁ……一緒じゃないの?

正邪(余裕)
 全然違うんだな、これが。姫はトップ取りの麻雀を打つってなったら、トップを取るために何をしようと思う?

針妙丸(怒り)
 う~~ん。出来るだけ高い手を作って一撃ドカンと決めにいくかな。

正邪(微笑)
 ああそうだな。早いとこ決定打を放ちたいところだ。だが、これがラス回避麻雀だとどうなる?

針妙丸(微笑)
 ラス回避麻雀なら、細かい手でもいいから沢山和了っておきたいね。トップになれなくても、最悪ラスにならなければ……

正邪(微笑)
 なんだ、わかってるじゃないか。とまあ、ここまで来れば想像つくだろ?

針妙丸(驚く)
 そっか!平均打点が違うんだ!

正邪(べろ)
 正解。そして、平均打点が違うとなれば、もう一つ違う数字があるな?

針妙丸(笑い)
 わかった!副露率

正邪(笑う)
 その通り。当然門前の方が高いんだから、副露率も違ってくる。副露率の話は前にしたよな?

針妙丸(微笑)
 うん。正邪の副露率は4割弱で、鳳凰卓の平均も35%くらいあったんだよね。



参考記事→よく鳴く打ち手とは?



正邪(微笑)
 ところが、Mリーグの打ち手はそんなに鳴かない。副露率10%台なんてのもいるくらいだ。

針妙丸(驚く)
 ヒェー。そんなに門前に寄ってて勝てるの?

正邪(べろ)
 さあね。ただ、そういう打ち手もいるってことは覚えといてくれ。





32-1.jpg

正邪(微笑)
 お待たせしました、今日の本題。南一局、親番。何から鳴く

針妙丸(驚く)
 うわー、いい手。南:麻雀王国發:麻雀王国は絶対鳴きたいね。一筒:麻雀王国も鳴くかな?

正邪(微笑)
 ふんふん。じゃあ……


32-2.jpg

正邪(余裕)
 この五筒:麻雀王国は?

針妙丸(微笑)
 ピンズの食い延ばしかぁ……これはどうだろ。

正邪(べろ)
 こういう微妙なところが出ることってあるよな?だが、打点さえあるのなら、天鳳というフィールドでは鳴くことをお勧めする。

針妙丸(怒り)
 なんで?

正邪(余裕)
 答えは単純。鳴いたって絞られないからだ。

針妙丸(怒り)
 ほんとぉ?流石に高い手は警戒されるでしょ。

正邪(余裕)
 じゃあみてみるか?



32-3.jpg


正邪(余裕)
 ほら、出てきただろ?

針妙丸(困り)
 ねえ正邪、これもしかして、同卓者がヌルいから出てきたとかそういう話……?

正邪(微笑)
 と、思うだろ?ところが違うんだ。副露率の話、さっきしたよな?

針妙丸(驚く)
 あっ、天鳳は副露率が高い人が多いから……

正邪(べろ)
 そっ。受ける側もいちいち絞ってらんねー。役牌後々付けとかだってあるんだし、絞るだけ損だ。

針妙丸(微笑)
 じゃあ、これがもしMリーグの舞台だったら?

正邪(怒る)
 五筒:麻雀王国は鳴かない方がいいだろう。こっちはすぐに絞られちまうからな。






針妙丸(微笑)
 どこで打つかによって、鳴き判断も変わっていくんだね。

正邪(微笑)
 打ち手の傾向ってのは、そのフィールドに根付く文化のようなもの。

正邪(挑発)
 その文化がどのような傾向にあるのか……それを知れば、きっと有利に戦えるはずだ。


クリックで応援よろしくお願いします!

【検証】Mリーグの卓はきちんと混ざるのか?

Mリーグ
10 /10 2018
 こんにちは、ヨーテルです。Mリーグ、皆さまご覧になっているでしょうか?
 本日はいったん観戦記の方はお休みして、ちょっと別の視点からMリーグを見ていきたいと思います。

 Mリーグでは、対局時間の短縮のため、自動配牌卓が使用されています。使用している卓はアモスシリーズの最新作「AMOS REXXⅡ」
 僕も何度か巷の麻雀店で使用したことがあるのですが……

 このAMOSシリーズの自動配牌卓、麻雀業界の関係者の中では有名な話があります。

 「上山のほうが良い牌がある」

 上山というのは、牌山の上の牌のことです。下の牌は下山。

 では、なぜ上山のほうに良い牌があるのか?オカルトじゃありませんよ。

 自動配牌卓は、下山→上山の順で積まれます。
 牌を落とすときは、捨て牌→手牌の順番で落とします。

 つまり、先に落とされた捨て牌の方から下山に積まれていき、後から落とされた手牌は上山に積まれる傾向があるのです。
 当然、手牌の方に良い牌があることが多いので、上山の方に良い牌がある……という理屈ですね。

 鳴きがなければ上山は東家と西家がツモります。始まる前から東家と西家は有利!

 でもさ……そんなの本来あってはいけないことじゃないですか。ましてやMリーグは麻雀界のトップリーグ、卓の癖を利用できるっていうのは麻雀としてどうよ?




 ってなわけで、文句の一つも言ってやろうと、AMOS REXXⅡを販売しているマツオカ株式会社のホームページを見にいきました。すると……

 amos.jpg

 ほう……

 商品の改善には力を入れているようです。でもやはり、気になります。本当に改善されてんのか?ちゃんと混ざるんだろうな?

 というわけで、実際に数えてみました。

 


 ★実験★


 目的:AMOS REXXⅡは、Mリーグで使用できるレベルできちんと牌が混ぜられているのかを検証する。

 方法:Mリーグの映像を使用し、上ヅモと下ヅモの牌を比較する。良い牌=中張牌、悪い牌=ヤオチュウ牌とする。最初の2局は検証対象外とする。



 こんな感じですかね。今回使用する対局は、10/9(火)の2半荘目の対局になります。

 また、僕が後出しで対局を選んだのではないか?という事にならないために、使用対局は事前に決定し、Twitterで告知をしています。



 上下の山を比較した結果、牌の偏りが現実的な範囲を超えていた場合、Mリーグに新たな戦術が生まれる事になります。(それもどーなのよ?って戦術ではありますが)

 というわけで、数えてきました。しかしまぁ……なげえよ!
 何と対象局数14局!親連荘し過ぎや……

 深夜の2時から4時にかけて、麻雀の内容を見るわけでもなくただただツモ牌だけを見続けてメモを取る作業……自分で決めたこととはいえ虚しさで心が張り裂けそうになりました。

 1人の人間のメンタルを削って取られた統計結果がこちらになります。どうぞ!




kekka.jpg


これを合計すると……


kei.jpg


 ……あれぇ?




結論:マツオカ株式会社様、疑ってすみませんでした!!AMOS REXXⅡは素晴らしい麻雀卓です!!!



クリックで応援よろしくお願いします!

せいしんが騒ぐMリーグプチ観戦記 (10/5放送)

Mリーグ
10 /06 2018
★注意★

本記事は10/5に放送されたMリーグのネタバレを含みます。未視聴の方は下記のURLより視聴されることをお勧めします。

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8uxEAT2ByBWcgP




針妙丸(笑い)
 正邪おはよう!ようやくMリーグの開幕週が終わったね!

正邪(微笑)
 ああ、そうだな。試合としてはまだまだ最序盤、ペナントレースは始まったばっかってところだ。

針妙丸(微笑)
 それじゃあ今日もいってみようか。ファインプレー&バッドプレー!





★10/5のファインプレー★

【U-NEXT Pirates:朝倉康心】
【赤坂ドリブンズ:鈴木たろう】


針妙丸(微笑)
 あれ、2人?

正邪(弱る)
 正直選べなかった。そして対局画像も載せない。

針妙丸(微笑)
 画像がないと局面が分からないんじゃないの?

正邪(怒る)
 そうなんだが、これは是非実際の映像を見てほしいんだ。2回戦南4局~同一本場まで。一番上にある動画の2:25:30から。

針妙丸(笑い)
 この局面、Twitterとかでも話題になってたよね!

正邪(弱る)
 正直言って、たろうや朝倉の思考を完璧に読み取るのは無理だ。彼らの思考レベルがは私より数段上だから。だが……

正邪(怒る)
 彼らがすごいのは、その異次元の思考を実戦で披露できるってことだ。

針妙丸(微笑)
 どういうことかな?

正邪(余裕)
 異次元の思考というのは、世間一般からすれば当然マイノリティの選択。ミスになれば叩かれるのもやむを得ないだろう。

針妙丸(驚く)
 私も見てて「えっ!」って思ったもん。

正邪(怒る)
 そう、画面の向こうでは何万人もが自分の麻雀を見てる。無難な選択はいくらでもあって、それでも自分の読みに選択を委ねられるのは……

針妙丸(微笑)
 うひゃあ。メンタル強いなぁ。

正邪(微笑)
 自信の問題だよ。自分の選択にどれだけ自信を持てるか……自信がなけりゃ、メンタルもすぐに崩れてしまう。

針妙丸(笑い)
 これがトッププロ!を象徴したような2局だったね。






★10/5のバッドプレー★

【KONAMI麻雀格闘倶楽部:高宮まり】


正邪(弱る)
 う~ん。ファインプレーの2人があるだけに、これを載せるのはちょっとかわいそうな気もするが……

針妙丸(微笑)
 もしかして、大したミスじゃない?

正邪(弱る)
 微妙だなぁ。こっちは画像をあげるから見てほしい。


104b.png

正邪(微笑)
 2回戦南4局。朝倉のファインプレーが飛び出した局の、高宮の手牌がこちら。

針妙丸(困り)
 ここから二萬:麻雀王国切りで一発放銃だったね……

正邪(べろ)
 捨て牌が見づらいから、ちょっと再現してみよう。ほい、ガチャガチャッと。



<鈴木たろう>

九索:麻雀王国二筒:麻雀王国八萬:麻雀王国三萬:麻雀王国一萬横:麻雀王国八索:麻雀王国
九筒:麻雀王国

<朝倉康心>

西:麻雀王国一筒:麻雀王国四萬:麻雀王国西:麻雀王国四筒:麻雀王国一萬:麻雀王国
六萬:麻雀王国一萬横:麻雀王国



正邪(べろ)
 注目は朝倉が、たろうのリーチを受けてからの捨て牌だ。

針妙丸(微笑)
 一萬:麻雀王国六萬:麻雀王国と切って、最後にもう一回一萬:麻雀王国を切ってのリーチだね。

正邪(怒る)
 一萬:麻雀王国はたろうの現物。だが、六萬:麻雀王国はどうだ?

針妙丸(微笑)
 六萬:麻雀王国は……一応通ってないよ。通りそうだけど。

正邪(べろ)
 通ってない六萬:麻雀王国を先に切って、最後に現物の一萬:麻雀王国を切ってのリーチ。ここから推測できるのは?

針妙丸(怒り)
 一萬:麻雀王国が……手牌に関連してる?

正邪(余裕)
 オッケーだ。そうなると高宮の二萬:麻雀王国は……かなりの危険牌になってしまう。

針妙丸(困り)
 あっ……じゃあ高宮さん、これはやっちゃったってこと?

正邪(怒る)
 ん。一応そうなるかな。


104b2.png





正邪(弱る)
 でもなぁ……捨て牌の絵面だけみると二萬:麻雀王国は通りそうだよなぁ。細部まで読むと危ないのは分かるんだが。

針妙丸(微笑)
 あれ、珍しいね。正邪がバッドプレーを擁護するなんて。

正邪(弱る)
 あんまり女流の人の細かいミスをつついてもなぁ。もっと派手なミスなら容赦はしないんだが。

針妙丸(怒り)
 なーにそれ。なんか含みある発言。

正邪(余裕)
 細かいミスだと、「女流だから仕方ない」みたいな事を思う層は一定層いるし、ブログの盛り上がりも欠けるだろ?

針妙丸(微笑)
 確かに。同じリーグに出てる以上、立場は一緒なんだけどねぇ。

正邪(挑発)
 私がアマチュアの素人だからこそバッドプレーを拾うブログも書けるんだし、もっと影響力の強いバッドプレーを拾いたいね。

針妙丸(微笑)
 揚げ足取りみたいな取り上げ方してもあんまり盛り上がらない気がするよ。

正邪(微笑)
 いろいろ試行錯誤していこう。それじゃ、今日はこの辺で。

針妙丸(笑い)
 またねー!



クリックで応援よろしくお願いします!

せいしんが騒ぐMリーグプチ観戦記 (10/2放送)

Mリーグ
10 /03 2018
★注意★

本記事は10/2に放送されたMリーグのネタバレを含みます。未視聴の方は下記のURLより視聴されることをお勧めします。

https://abema.tv/video/episode/444-1_s1_p3



正邪(微笑)
 よう。Mリーグも開幕2日目を迎えたな。

針妙丸(微笑)
 今日から参戦のチームが新たに3つ!楽しみだねー。

正邪(微笑)
 これで、全チームが最低2ゲームずつ打ったことになるわけだ。いよいよ本格的にリーグが始まる。

針妙丸(笑い)
 このブログではいつも通り、注目の一打を挙げていくよ。

正邪(余裕)
 前置きが長くなってもあれなんで、さっそくいこう。まずはファインプレーから!





★10/2のファインプレー★

【渋谷ABEMAS:多井隆晴】

102f.png

正邪(微笑)
 南一局、結構なトップ目でペン七筒:麻雀王国の聴牌。どうすっかなー。

針妙丸(微笑)
 リーチ?いやでも、リードしてる方が愚形のドラ1リーチは微妙かなぁ。

正邪(べろ)
 さて、では多井の選択は……


102f2.png

針妙丸(笑い)
 ペン七筒:麻雀王国リーチ!一応ドラ1あるしいいよね!

正邪(余裕)
 愚形ドラ1だからって理由だけでリーチしたんじゃねえぞ。捨て牌をよく見ろ。上家と下家が八筒:麻雀王国を切ってるだろ。

針妙丸(驚く)
 あっ。だから七筒:麻雀王国が山にあるって……?

正邪(挑発)
 その通り。しかも、山にあるってだけじゃない。この場合のいい待ちってのは、別の要素もある。



102f3.png


102f4.png


正邪(べろ)
 多井の読み通り、八筒:麻雀王国を早めに切っていた2人は七筒:麻雀王国を持っていない。それどころか……

正邪(挑発影)
 ピンズの上すら持っていない。

針妙丸(驚く)
 あっ、じゃあもしこの2人が七筒:麻雀王国を持って来たら……!

正邪(挑発)
 放銃するか、止めて和了れないか……だ。どうだ、いい待ちだろ?

針妙丸(笑い)
 うんうん。これはよさそう!

正邪(余裕)
 多井はこれを和了って裏1の5200に仕上げた。場況を重視する多井らしい選択だったな。





★10/2のバッドプレー★

【KONAMI麻雀格闘倶楽部:佐々木寿人】

102b.png
正邪(怒る)
 バッドプレーは麻雀攻めダルマこと佐々木寿人の選択から。

針妙丸(微笑)
 この画像?ペンチャン落としの八萬:麻雀王国切りだけど、ダメかなぁ?

正邪(微笑)
 それは問題ない。手牌を柔らかくする選択だな。だが、問題はこの後。


102b2.png
正邪(怒る)
 七筒:麻雀王国をツモって四筒:麻雀王国切り。これはいただけないな。

針妙丸(困り)
 九萬:麻雀王国切らないのかな。安パイで残したとか?

正邪(べろ)
 ところが、九萬:麻雀王国は誰の安パイでもない。となれば、タンピンをみて四筒:麻雀王国を残す一手だろう。

針妙丸(驚く)
 あっでも、佐々木さんは二筒:麻雀王国切ってるよ。フリテンになるのが嫌だったんじゃない?

正邪(余裕)
 おそらくそうだろうな。ただ、フリテンもツモれば問題なし。九萬:麻雀王国より四筒:麻雀王国を残したいね。



102b3.png

正邪(べろ)
 結果的には五索赤:麻雀王国をツモって何ら問題ない手になったが……

正邪(怒る)
 攻撃型の佐々木だからこそ、四筒:麻雀王国を残してほしかったなぁ。






正邪(微笑)
 以上。今日はここまで!

針妙丸(微笑)
 いままで4試合見て……試合の展開はどんな感じになりそうとかある?

正邪(微笑)
 まあまだポイントもあまり動いてないし、これからってところだな。ただ……

正邪(余裕)
 選手には、大舞台だからって物怖じせず自分の麻雀を打ってもらいたい。ありがちだがな。

針妙丸(笑い)
 そうなれば、このブログでも個性的なプレーをどんどん拾っていけるしね!



クリックで応援よろしくお願いします!

ヨーテル

麻雀(天鳳ID:yoteru)/フリゲ/Twitter(ID:yoteru11)