正邪の下剋上天鳳録27(正邪、針妙丸) 「無筋オンリー、でも降りたい!」

麻雀
05 /25 2018
オール無筋
正邪(弱る)
 南三局でラス目の親リーチが入った。流石に打ちたくないから必死にべた降りしていたんだが……

針妙丸(驚く)
 きつーい!手牌全部無筋!どうするの?

正邪(弱る)
 どうするの?って言われてもなぁ。切らないわけにいかないから、この中から選ぶしかない。

針妙丸(怒り)
 じゃあ……ワンチャンスの八萬:麻雀王国!どう?

正邪(微笑)
 うん。悪くない。

正邪(余裕)
 で、次巡は?

針妙丸(驚く)
 え、次巡?

正邪(余裕)
 八萬:麻雀王国切ったって結局安パイがないんだ。次巡また安パイを探さなきゃならない。

針妙丸(微笑)
 そっか、じゃあどうするの?

正邪(微笑)
 安パイがないけど降りたい時、一番のおススメはやっぱこれかな。


 安パイがないなら複数枚ある牌を切れ

正邪(べろ)
 対子もしくは暗刻を切れば、一度の危険で数巡の安全が買える。そいつを切ってるうちに安パイが出来れば御の字よ。

針妙丸(微笑)
 今回のケースだと……六萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国のどれか?

正邪(微笑)
 そうだ。その中で一番安全なのはどれかな?

針妙丸(怒り)
 八筒:麻雀王国かなぁ。なんとなく、一番外側の牌だし。

正邪(べろ)
 ブブー。残念不正解。

針妙丸(驚く)
 えーっ。じゃあもしかして六萬:麻雀王国

正邪(笑う)
 正解!

針妙丸(困り)
 でも、外側の方が通りそうじゃない?

正邪(微笑)
 じゃあ次は、無筋の危険度を比較するときに大事なことを教えよう。


 両面にしか当たらない無筋は安全度が高い

正邪(微笑)
 麻雀の待ちってのは基本的に5種類。「両面、カンチャン、ペンチャン、シャンポン、単騎」
 じゃあまず、姫の言った八筒:麻雀王国について検証してみよう。



八筒:麻雀王国を含む待ち~

両面→五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国
カンチャン→カン八筒:麻雀王国
ペンチャン→×
シャンポン→八筒:麻雀王国が対子の為可能性は低いが、完全否定はされていない。
単騎→八筒:麻雀王国単騎にするくらいならリーチ宣言牌の南:麻雀王国単騎にしそう。ほぼ0%

針妙丸(微笑)
 八筒:麻雀王国は両面とカンチャンに当たっちゃうね。シャンポンもなくはないし。


正邪(挑発)
 そして、ここで六萬:麻雀王国を見てみるとぉー!?



六萬:麻雀王国を含む待ち~

両面→九萬:麻雀王国が通っているため三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国のみ。
カンチャン→ほぼない。理由は後述。
ペンチャン→×
シャンポン→自身で六萬:麻雀王国を3枚持っているため×
単騎→六萬:麻雀王国単騎?さすがにね?


針妙丸(微笑)
 カン六萬:麻雀王国……ないの?

正邪(微笑)
 もう一度局面を見てみよう。リーチ者の捨て牌に注目してくれ。

オール無筋
正邪(べろ)
 リーチ者は3巡目に九萬:麻雀王国を切ってから南:麻雀王国切りリーチだ。これでカン六萬:麻雀王国って、どういう手順よ?

針妙丸(泣く)
 あっ。五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国九萬:麻雀王国南:麻雀王国から九萬:麻雀王国を切って南を手に残したことになる!

正邪(怒る)
 あるか?そんな手順。ましてやビハインドの親番で。

針妙丸(驚く)
 ないない!絶対ない!そっか、カン六萬:麻雀王国ないんだ!

正邪(余裕)
 そう!というわけで六萬:麻雀王国は両面にしか当たらない!となれば、切るのは六萬:麻雀王国一択だな。

針妙丸(笑い)
 両面だけって考えると、通りそうに思えてきたよ!

正邪(べろ)
 両面には当たっちまうけどな。とはいえ、リーチの良形率はせいぜい6割程度。両面にしか当たらないってのは、結構重要なファクターなんだ。



正邪(弱る)
 (実はカン六萬:麻雀王国のケースが一つだけあるんだが……いいや、姫がテンション上がってるし黙っておこう)





正邪(余裕)
 降りって、結構頭使うだろ?

針妙丸(微笑)
 そうだねー。安パイがなくなっちゃうこともあるし、形テンを取れるように粘りたいとかもあるよね。

正邪(微笑)
 降りてるときは加点がないからついつい適当になりがちだが、失点を抑えるというのも大事なことだ。いつかチャンスが巡ってくると信じて、頑張って降りてみようぜ。




p.s カン六萬:麻雀王国のケース

五萬:麻雀王国九萬:麻雀王国南:麻雀王国から打九萬:麻雀王国七萬:麻雀王国がくっついて南:麻雀王国切りリーチ。

クリックで応援よろしくお願いします!



 こんにちは、ヨーテルです。

 このコーナーの更新は久しぶりですね。間が開いてしまいすみません……

 今回紹介した技術は降りてる時だけではなく、押し引き判断をするときにも役立つと思います。それぞれの牌の安全度を比較できるようになるのは、強くなるために大切な事なので、牌譜をみて検討してみると良いでしょう。私も勉強中です。

 感想、要望、質問等、コメントお待ちしております。次回もよろしくお願いします。次回、新キャラ現る!?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヨーテル

麻雀(天鳳ID:yoteru)/フリゲ/Twitter(ID:yoteru11)